FC2ブログ

思い描いた理想と現実

子犬を迎え入れる前から、
あれやこれやとワクワクしながら当日を迎えて、
実際に迎え入れた日から

『さぁ!やること沢山あるよ』と

さまざまな社会化に家でのルールを
単に可愛いからさせてしまったが故に
犬と飼い主さんとのバランスが徐々に崩れて、
やがて犬に気を使う生活になってしまった話。


しつけ方に接し方に飼い方は
それぞれ環境も違うし犬種も違うし
決して同じようには出来ないけれど、
でも犬として見ればそういう好き勝手な生活や
飼い主さんとのバランスが崩れたことによって
気持ちに不安定が生じてしまうのは当たり前です。


犬は噛むこと自体、普通の生き物なのだから
噛むが悪いでなく噛んでも良い相手と見られている事が良くない。

問題は飼い主さん家族。


それに気付いていても
良くない傾向の可愛がり方から抜け出せずに
結局は行動も悪化して修復に双方の時間がかかるため、
そこにまた人からの断念という顔が出てきやすくなってきます。

今回のカウンセリングでは
まさに典型的な可愛がり方でしたので、
ごくごく普通の関係に戻すための下地作りから。


急な関係修復は神田の中にはありません。

巷ではそんな神がかり的な
カウンセラー?が存在するようで
それはそれでスゴイ使い手なんだなって。


ご褒美=出来たからもらえる
それが、出来てもいないのにもらえたらね

誉める=出来たから誉められる
それが、何もしていないのに何となくが誉められてもね

撫でる=出来たから撫でられる
それが、いつもベタベタされてもね


子犬にも元から性格に個性があって
それをいち早く飼い主さんが理解してあげて
だからどう人間社会で教えてゆくか。


はっきり出来ないようなら
パピーのクラスで学ぶべきです。

教えるプロ側もいろいろな人がいます。
今回のケースは幼少期に見てきた方らしいですが、
臆病な犬にマズルコントロールは厳しい!

それだけではないかのも分かります。
良くない可愛がり方をしてきたから。


理想から現実の今、
こんなはずじゃなかった
犬との関係を修復するために今日から
始まった内容をきちんと続けてゆくことが出来るか?

その経過をしっかりと見つめて
良き理解者であり頼りにされる飼い主さんと
なって行けた頃には犬も変わってゆきます。

服従はやらせるだけがそうではありません。
ルールを当たり前に当たり前のことを
人が犬に導いてやれれば犬は素直になります。



近くにしつけ教室が出来るそうですが
ちゃんとした考えの人が来てくれると良いな。

アリーナはアリーナで自信を持って
やっていますから。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

★チャンボ★

Author:★チャンボ★
●うれしい事
    ボスと一緒にいること
●悲しい事
    ボスから離れること
●一番好きな事
    やっぱり食べること♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード